ホーム  所長挨拶

所長挨拶

山口 拓

 20世紀末から21世紀初めにかけての高度情報化の波は、それまでの経営の概念を一変させました。非常に簡単に情報を入手できるようになった反面、全世界が競争相手となりうる厳しい経営環境にさらされる等、この情報化社会がもたらした功罪は、特に経営基盤が脆弱で地域密着型の中小企業にとっては非常に大きいインパクトがありました。
 当事務所のある大阪も例外ではなく、情報化社会の浸透により大阪や京都、神戸などの関西圏に本社を置いていた大企業が、人や情報が集まる東京や神奈川、千葉、埼玉などの関東へと本社を移転させ、大阪市内はもちろん、その周辺部の中小企業もそのあおりで受注が減少したり、新型コロナウイルス感染症の影響で従来のビジネスモデルの変更を余儀なくされたり、社会の急激な変化についていけない会社は淘汰されたりと、中小企業の経営環境は日々厳しさを増しています。
 このような厳しい環境下であっても、より良い商品・サービスの提供を旗印に奮闘されている中小企業が大阪にはまだまだたくさんあります。山口拓事務所ではこのように頑張っておられる中小企業の経営者の皆様と思いを共有し、経営上の様々な問題や悩みを親身になって解決し、目標を実現するための経営改善を全力で支援したいと考えております。

経営者のみなさま、一緒に頑張っていきましょう。

山口 拓

所長経歴

略歴

山口拓(やまぐちたく)
山口拓税理士事務所所長

経営改善・消費税節税のスペシャリスト


昭和43年香川県出身 平成4年神戸大学法学部卒

大学では学生生活のほとんどをクラブ活動に捧げ、4年生では部長を務めるなど充実した毎日を送る。ところが、就職活動において第一希望だった関西の有名企業の最終面接まで残るも、結果は不合格。この挫折を糧に働きながら税理士試験合格を目指すことを決意し、5年間の努力の結果税理士試験に合格する。

税理士である伯父の誘いを受け、税理士事務所に転職し実務経験を積むことになるが、先輩職員に税理士資格を保有しているという理由で妬まれるようになり、このころから独立して自分の事務所を持つことを考え始める。その数年後に独立し、さらに2年後に伯父の古くからの顧問先を僅かながら引き継ぐこととなる。

来的な事務所経営を見越して職員の採用を検討し、税理士受験中で無職だった素人同然の応募者のひとりから「是非働かせてほしい」と熱望され採用する。その職員の試験合格を全力で応援し、勤務時間や休暇取得などで便宜を図り支援した結果、5年後には税理士試験に合格し、伯父と入れ替わり事務所の主力に成長する。この頃から、職員の待遇向上のため清濁併せ吞み仕事を引き受けることが多くなったが、その職員も顧問先拡大に貢献してくれたため、結果的には待遇向上を実現でき、ひとまず事務所経営は安定した。

ところが、試験合格から1年後に、手塩にかけて育て上げたその職員から「独立する」と告げられる。数ヶ月後一部の顧問先を持たせて独立させたため収入が減少し、しかも主力が抜けるという危機的状況に陥るが、これを機に徹底的に仕事の効率化と書類の電子化に取組む。自分が納得した仕事以外は受けないという原点に立ち返り、今まで以上に顧問先への訪問と信頼できるデータに裏付けされた経営助言に磨きをかけ、業務品質の向上に尽力した結果、平成30年度には税務調査省略割合100%の実績を残し、翌年には自身2度目の商業出版を実現させる。

本業である顧問先への訪問、税務・経営改善指導や外部依頼の講演を数多く行う傍ら、プライベートではフェアプレーを重んじるゴルフに仕事同様に真剣に取組むという充実した毎日を送っている。

現在TKC近畿大阪会常務理事、大阪香川県人会常務理事 

所属団体・資格・論文・著書など

所属団体

近畿税理士会(東支部)
TKC全国会(TKC近畿大阪会常務理事)
大阪香川県人会(常務理事)

保有資格

税理士(もちろん試験合格組です)
宅建士
TKC創業・経営革新アドバイザー
TKCクリニック開業支援アドバイザー

著書

図解これならできる消費税の実務(日本実業出版社)
ゼロからできる消費税節税の本(自由国民社)
交際費Q&A100(TKC巡回監査研究会編)
わかりやすい!マイホームの税金Q&A(一木会編)
京阪電鉄情報誌「趣住」

メールでの相談申込はこちらから
経営に役立つ無料メールマガジン 登録はこちら!
経営アドバイス・コーナー

==著書の紹介== 

消費税の実務

「図解これならできる消費税の実務」
(日本実業出版社)

「改正・税率引上げ・経過
措置と消費税実務」
(JPマーケティング(株))

近畿税理士会所属